リダーマラボ

太陽光が肌や体の老化を進めると言う噂を検証せよ

紫外線で肌老化が進む、と言う話は本当でしょうか。実はこの2つには大きな深い関係があったのです。光と活性酸素、と言う2つの観点から見てみましょう。


紫外線と肌老化の関係

アンチエイジングを目指す方にとって最大のキーワードとなっているのが光老化です。紫外線によって起こる現象ですが、一体どのような現象なのでしょうか。

 

人は生まれたときから絶えず光を浴び続けています。日光は長期間浴びることで乾燥やシミ、しわと言った現象を引き起こします。数分間の照射でも日焼けというダメージが与えられるのです。

 

たとえば太ももと顔を比べたとき、老いていくスピードが速いのは顔です。これはボトムスでカバーされる太ももより、顔の方が日光を浴びる時間が長いからです。

 

そして光老化の最大の原因とされるのがUV-Aという種類の紫外線です。UV-Aはメラノサイトを刺激する物質で、日焼けを引き起こしますが、その作用は緩やかです。

 

だからこそ知らないうちに影響を受け続け、やがてシミやしわなどと言った形で現れるのです。しかも雲、窓ガラスなどもすり抜けるため、1年中対策が必要になります。

活性酸素も老化を進める

もう一つ最近のキーワードになっているのが活性酸素です。元々は体に浸入してきた細菌類をやっつけるのに役立つ物質なのですが、紫外線などの影響で悪性の活性酸素が増えてしまいます。

 

悪性の活性酸素はDNAを傷つけたり、細胞をさび付かせることで老化を進めます。するとシミやしわなどができやすくなるのです。UVを直接浴びると力強い活性酸素が生まれ、肌トラブルにつながります。

 

ですから活性酸素は還元作用を持つ物質で除去してあげることが大切です。例えばビタミンCやビタミンE、最近話題の水素水などが適切です。紫外線を浴びた肌は活性酸素を生み、過酸化脂質を大量に作ります。

 

そしてコラーゲンなども酸化し、肌のみずみずしさは失われていきます。するとシミやしわと言った老化が起こりますので、UVケアをすることで活性酸素の発生を押さえることが大切なのです。


肌老化を防ぐためにはどうすればいいか

実は肌老化の原因の80%は紫外線です。しかもUVは目からも侵入し、脳の視床下部から分泌されるメラニン生成物質によりシミの原因も作ってしまいます。

 

これは肌どころか体全体にも影響を与え、皮膚がんや疲労、白内障にもつながります。網膜への影響も懸念されていますので、UVケアはしっかり行うことが大切です。

 

日焼け止めクリームなどは皮膚の薄い目元、口元もきちんと塗ることが大切ですし、曇りの日や秋や冬も塗るようにしましょう。頭皮の対策は帽子や日傘で行い、目の対策はサングラスなどで行います。

 

家の中にもUVは入り込みますので、外に出る幼児がないと言う方もUVケアはしっかり行いましょう。

 

紫外線を浴び続けると肌の老化が進み、シミやしわの原因ができてしまいます。肌の水分量も少なくなっていますので、UVを浴びたときは水分補給を忘れずに行いましょう。

 

毎日のケアと対策が肌を守り、メラニン色素の影響を受けない肌へと導きます。また活性酸素を除去する抗酸化作用のある成分を食事などからとることでも対策ができますので、紫外線による老化対策を始めてみませんか。

 

毎日の積み重ねが10年後、20年後の肌を変えていくのです。